格安SIMの1GBで何ができますか?

投稿日:

格安SIMの1GBのプランがおすすめの人は?

格安SIMは大手キャリアの料金プランとは異なり、「1GB」や「3GB」など少ないデータ容量のプランを選択できます。

どのような人にこのプランがおすすめなのか幾つか挙げてみました。

  • 普段の生活でスマートフォンを利用する機会が少ない
  • Webページを見たり動画を視聴したりする時間が短い
  • 少しでも毎月発生する料金を抑えたい
  • LINEやTwitterなど文字主体のサービスしか使わない
  • 動画や音楽はWi-Fi環境下で楽しむ予定

格安SIMによって料金設定は異なるものの、1GBのプランであれば月額1,000円以下に抑えられるケースも少なくありません。

あまりスマホを使っていないのにも関わらず大手キャリアへと10,000円近くの料金を支払うのは馬鹿らしいですし、乗り換えるのは選択肢の一つです。

格安SIMの1GBを使ってできることは?

1GBのデータ容量を使い、できることが何なのか疑問を抱えている方はたくさんいます。

確かに、「1GB」「2GB」と格安SIMの公式サイトでプランや料金が記載されていても、何ができるのか細かい情報はないのでイメージしにくいのです。

そこで、以下ではパターンに合わせて分かりやすく説明しているので、過度に通信量を消費しないためにも格安SIMの1GBでできる目安をチェックしておきましょう。

Webページやインターネットの閲覧

スマホを使ってWebページやインターネットの閲覧をするのはオーソドックスな使い方で、自宅でも外出先でもサっと調べ物ができるので便利です。

具体的にホームページの内容に合わせて閲覧できる回数をまとめてみました。

  • Googleトップページ:約50,000回
  • 2ちゃんねる(スレッド):約10,000回
  • Yahoo!トップページ:約4,000回
  • 通販サイトのAmazon:約3,300回
  • TwitterやFacebook:約2,000回
  • 画像がメインの個人ブログ:約400回

ホームページの参照で利用するGoogle Chromeやインターネットエクスプローラーなどのブラウザには、一度見たことのあるページを保存しておく機能のキャッシュがあります。

同じページを読み込んだ際は大量にデータ通信量を消費する必要がなく、上記の回数はあくまでも目安です。

しかし、Webページの中に入っている画像が多ければ多いほど消費が激しくなり、格安SIMを使っていて簡単に1GBを超えやすいので気をつけなければなりません。

GmailやLINEなどのメッセージのやり取り

次に、GmailやLINEなどのメッセージのやり取りで1GBでどのくらい使えるのか見ていきましょう。

  • 300文字程度のテキストメール(Gmail):約67,000回
  • 300文字+写真1枚のメール(Gmail):約1,000回
  • メッセージアプリの利用:約20万往復
  • LINEの音声通話(1分間):約2,000分
  • LINEのビデオ通話(1分間):約200分
  • Skypeのテストサービス:約1,860分

LINEやメールだけの利用であれば1GBでも十分に楽しむことができ、LINEの通話に関しては完全に無料です。

「格安SIMのデータ通信SIM+LINEの音声通話」という組み合わせは最強で、毎月のスマホ代金を大幅に抑えられます。

また、メールの送受信に関しては画像が入っているかどうかで大きく変わり、テキストメールだけであればデータを著しく消費することはありません。

YouTubeの動画の視聴

YouTubeの動画はスマートフォンを使って利用する機会が多く、自宅でも外出先でも好きなタイミングで視聴できます。

暇つぶしに持ってこいですが、メールやWebページの閲覧と比較すると直ぐにデータ容量の上限に達しやすく、どのくらいの時間に渡って視聴できるのか目安を見ていきましょう。

  • 144Pの低画質(5分間):約100回(合計で500分)
  • 240Pの低画質(5分間):約67回(合計で335分)
  • 360Pの標準画質(5分間):約50回(合計で250分)
  • 720PのHD画質(5分間):約20回(合計で100分)
  • 1080PのフルHD画質(5分間):約10回(合計で50分)

低画質であれば1ヶ月間で8時間程度は視聴できますが、1080PのフルHD画質では1時間も持ちません。

1日に1時間程度のYouTubeの動画を視聴するユーザーは意外と多いですし、頻繁に使用する方には格安SIMの1GBのプランは向いていないのです。

Webページの閲覧やLINEのテキストメールではあまりデータを消費しないので、料金プランで比較する際はYouTubeの動画の視聴回数を目安にしましょう。

アプリのダウンロード

スマホを使用するに当たってアプリの利用は欠かせません。

アプリをダウンロードする際もデータ容量を消費する形となり、どのくらいを使うのか目安をまとめてみました。

  • Yahoo!乗換案内:11MB
  • Yahoo!カーナビ:36MB
  • Pokemon GO:61MB
  • モンスターストライク:68MB
  • ドラゴンクエストVIII:1.4GB

ドラゴンクエストVIIIに関しては容量が非常に大きく、格安SIMの1GBのプランではまかなえないので注意が必要です。

1GBのプランでおすすめのmineo(マイネオ)!

以上のように、自分のスマホの使用回数をしっかりと把握し、計画的にデータを消費していれば格安SIMの1GBの料金プランでも何とかなります。

1GBの料金プランを取り入れた格安SIMの中でも、mineo(マイネオ)はおすすめです。

Dプラン

  • シングルタイプ:1GBで800円
  • デュアルタイプ:1GBで1,500円

Aプラン

  • シングルタイプ:1GBで800円
  • デュアルタイプ:1GBで1,410円

上記のように1GBでも4種類の中から自由に選択できるので、お持ちの端末に合わせてmineo(マイネオ)の料金プランを比較してみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-コラム

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.