DSDSとは?

投稿日:

DSDSとは?

MVNOの拡大に伴い、現在ではSIMフリーのスマートフォンが急増しました。

そんなSIMフリースマホの新しい武器として登場しているのがDSDS(Dual SIM Dual Standby)で、デュアルスタンバイとも呼ばれています。

DSDSに対応している端末を使うことにより、装着した2枚のSIMカードで同時に待ち受けが可能なのです。

「SIMカードは1枚しか挿せないのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、端末にSIMカードを2枚挿せるデュアルSIM対応の端末は日本でも発売されています。

  • SIMトレーに載せて端末へと挿し込む
  • 端末へと直接SIMカードを置く

挿し方にはこういった違いがあるものの、デュアルSIMの一つがDSDSというわけです。

「DSDS」「DSSS」「DSDA」の比較

SIMカードを2枚挿入できるデュアルSIMは、DSDS以外にもDSSSとDSDAの3種類に大きく分けられます。

それぞれ機能にどのような違いがあるのか比較してみましょう。

  • DSDS(デュアルスタンバイ):片方のSIMを使っている状態でもう一つのSIMが使える
  • DSSS(シングルスタンバイ):2枚のSIMカードを挿せるがその都度手動で切り替える必要がある
  • DSDA(デュアルアクティブ):2枚を同時に待ち受けできて片方のSIMで通話中、もう片方のSIMで通信ができる

DSDS(デュアルスタンバイ)とDSDA(デュアルアクティブ)は似ていて、2枚のSIMを同時に待ち受けできる点では一緒です。

しかし、DSDSは通話中にメールやLINEのメッセージが届いても通話の終了時にしか受信できないのに対して、DSDAはSIM1枚でデータ通信をしながら電話をかけている状態を2枚でも行うことができる違いがあります。

DSDSのメリットは?

「SIMカードを2枚使えるDSDSにはどんなメリットがあるのか?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

一番のメリットは格安SIMの高い通話料金を大手キャリアの音声通話SIMで補える点です。

  • 片方には格安SIMのデータ通信のみのSIMカードを挿す
  • もう片方にはドコモやauなどのカケホーダイプランのSIMカードを挿す

このような使い方をすることで、大手キャリアよりも安い月額料金で電話をしたりインターネットでデータ通信をしたりできます。

毎月のスマホ代金を抑える目的で格安SIMへと契約し、乗り換えている方は少なくありません。

確かに、大手キャリアと比べて5,000円以上も月額料金が安くなるケースは多いものの、その代わりに30秒間で20円と高額な通話料金を支払わなければならず、通話し放題のプランも用意されていないのがデメリットです。

そんな時にDSDSの端末が役立ち、ドコモSIMのカケホーダイ(24時間かけ放題)であればspモードと合わせても3,000円で済みます。

また、スマートフォンとガラケーの2台持ちをしなくても良いのもDSDS(デュアルスタンバイ)のメリットです。

  • LINEやインターネットはスマホ
  • 電話はガラケー

上記のように2台の携帯電話を別々で持つ必要がなく、DSDSの登場によってスマホ1台にまとめられるようになりました。

ビジネス用途で持っている電話にしても、会社用とプライベート用でSIMを分ければ1台で済ませられます。

DSDSに対応している代表的な端末は?

以下ではDSDSに対応している代表的な端末の種類を幾つか挙げてみました。

  • ZenFone3:高性能のスマホだが、SDカードがSIMカードと共有となるため実質的にSDカードが使えない
  • Moto 4G Plus:性能が低い代わりに、デュアルスタンバイ状態でもSDカードの使用が可能
  • ZTE Blade V7 MAX:そこそこの性能を持ち、カメラの画質も良いので人気を得ている

メリットやデメリットは異なるものの、性格が異なるプランを1台のスマートフォンで使い分けできる点では一緒です。

通話しながらWEBブラウジングする使い方はできなくても、データ通信と電話の両方をしっかりと使いたい方におすすめできます。

mineo(マイネオ)のDプランとAプランの両方を使うこともできる

DSDSに対応している端末であれば、mineo(マイネオ)のDプランとAプランの両方を使うことも可能です。

2枚のSIMカードを挿入するだけでOKですし、3GBのプランと5GBのプランを合わせて通常では取り入れられていない8GBの容量を持つことができます。

  • Dプラン⇒ドコモ回線を使っていてテザリングはiPhoneで利用できる
  • Aプラン⇒au回線を使っていてLTEを受信できるスマホで利用できる

mineo(マイネオ)ではこの2種類のプランから選択する形となり、どちらと契約すれば良いのか迷っている方は少なくありません。

DSDSであれば両方のSIMカードを持つという選択肢もあるので、mineo(マイネオ)へと乗り換えようと考えている方は一度検討してみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.