赤ROM、白ROMってなに?

投稿日:

低コストで格安スマホを導入するに当たり、中古の端末を探して購入するユーザーが増えました。

  • オンラインショップ
  • 実店舗
  • ネットオークション

これらの方法で中古端末を購入し、格安SIMと契約して届けられたSIMカードをスマホに差し替えることでデータ通信や音声通話などの機能を使えるようになります。

新品で端末を購入するよりも初期費用を安く抑えられるのがメリットですが、赤ROMや白ROMなどスマホの種類に関する違いをきちんと把握しておかなければなりません。

赤ROMのスマホと白ROMのスマホでは、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

白ROMはSIMカードを抜いた状態のスマホ

簡単に説明すると、白ROMはSIMカードが本体の中から抜かれた状態のスマートフォンです。

  • 最近販売されているスマホは本体の中に個人情報などの契約情報は記録されていない
  • その代わりにSIMカードの中に電話番号を中心とする情報が記録されている
  • 白ROMは新品中古問わず、SIMカードを挿し込んでいない状態
  • 別のSIMカードを挿し込むことで直ぐに使えるようになる端末

上記のような特徴があり、「未使用」「新古品」「中古品」に限らず白ROMの端末を何かしらの方法で用意し、MVNOと契約して届けられたSIMカードを挿し込むだけで格安スマホが使えます。

「白」というだけあって安全性が高く、オークションや中古携帯ショップで販売対象となるのが白ROMです。

ドコモ回線を使った格安SIMと契約する⇒ドコモの白ROMを購入する
au回線を使った格安SIMと契約する⇒auの白ROMを購入する

安全に格安スマホを使うには上記の2点を押さえておかなければならず、信頼のおける実店舗であれば様々な種類の機種から自由に選べます。

赤ROMはキャリアがロックをかけたスマホ

白ROMが正規の端末なのに対して、赤ROMはキャリアがロックをかけたスマホです。

ロックをかけられているので利用することができず、画面内のアンテナマークが赤く表示されることで赤ROMと呼ばれるようになりました。

なぜこのような状態になるのか幾つかの理由を見ていきましょう。

  • 窃盗や詐欺によって入手された
  • 正規ではなく不正な契約で入手された
  • 紛失で補償サービスの対象となった
  • 機種代金の残債が履行されていない

違法によって入手されたスマホも赤ROMに該当し、SIMカードを挿入してもデータ通信や通話などの機能を使うことができません。

ネットワーク接続制限は原則的に解除されることはなく、「白ROMのスマホが欲しいのに赤ROMのスマホを掴まされてしまった」というケースも意外と多いのです。

赤ROMと白ROM以外の種類は?

赤ROMと白ROM以外にも、以下の種類のスマホも名称で区別されています。

  • 黒ROM:従来のスマホや携帯電話のことで、SIMカードが入っていて個人情報などの契約情報が書き込まれている状態
  • 半黒ROM:既に電話番号を中心とする契約情報は書き込まれているが、契約者がいない状態の端末
  • 灰ROM:端末の紛失や盗難で持ち込むことができず、契約情報を残したまま解約となったスマホ

私たちが何気なく毎日の生活の中で使っているスマートフォンは黒ROMとなり、「紛失して誰かに利用されないように解約した」という状態が灰ROMです。

半黒ROMに関しては灰ROMと似たような状態だと考えて良いでしょう。

赤ROMのスマホを掴まされないために注意すべきポイントは?

単純に安いからという理由でネットオークションで端末を購入し、白ROMではなく赤ROMだったという被害は少なくありません。

赤ROMを購入すること自体は違法ではなく、あなたが罪を問われることはないでしょう。

しかし、格安SIMを購入して差し替え、格安スマホを使うという本来の目的ができずにお金を損するだけなのです。

そこで、赤ROMのスマホを掴まされないために注意すべきポイントを幾つかまとめているので、中古端末の購入を検討している方は一度確認しておいてください。

  • 購入してから赤ROMとなってしまった際に返金や交換といった対応をしてくれる赤ROM保証のある実店舗を探す
  • 同じ赤ROM保証サービスが取り入れられていても、「永年保証」「数ヵ月の保証」と期間が異なるので確認しておく
  • スマホの製造番号を確認し、大手キャリアのサイトへとアクセスしてネットワーク利用制限をかけられていないかどうかチェックする
  • 「拾った端末」「盗んだ端末」「嘘をついて補償してもらった端末」を購入しないように保証書無しのスマホを避ける

上記の中でも、赤ROM保証をしてくれるかどうかは最も大事で、現時点では白ROMでも月日が経った後に赤ROM化する可能性は十分にあります。

大手キャリアのサイトで確認できるのはあくまでも現時点でのネットワーク利用制限だけですし、回収対象となる端末かどうか調べる術はないので、赤ROMの永年保証を行うショップや店舗を探しましょう。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.