格安スマホ・格安SIMの通話エリアはどうですか?

投稿日:

格安スマホや格安SIMの通話エリアは広い?繋がりやすいの?

大手キャリアから格安スマホや格安SIMへと乗り換えるに当たり、通話エリアの広さや通信の繋がりやすさは気になるポイントの一つです。

  • 格安スマホは料金が安いから通話エリアが狭いのではないか?
  • 格安SIMだと地方や田舎では繋がりにくいのではないか?
  • 大手キャリアのように電波が届かないのではないか?

このような疑問を抱えている方は多いものの、格安スマホや格安SIMはドコモやauの通信網を使っているので基本的には繋がる範囲も同じだと言えます。

ほとんどのMVNOがドコモの回線を借りていて、ユーザーへと安い料金で貸し出しているのが格安SIMの仕組みです。

  • ドコモ系の格安スマホであれば通信エリアはNTTドコモと同じ
  • LTEサービス「Xi」と3Gサービス「FOMA」の両方に対応している
  • 全国の人口のカバー率は100%と広い範囲で通話ができる

こういった特徴があり、大手キャリアの回線を借りて運営しているからこそ利用できる範囲はほとんど一緒だと考えても間違いではありません。

「格安SIMは都会では使えるけれど田舎では全く機能しない」といったことはありませんし、この点に関してはauの回線を使ったMVNOにも該当します。

ドコモ電波を使ったMVNOとau電波を使ったMVNOの2つがある

格安スマホは、ドコモ電波を使ったMVNOとau電波を使ったMVNOの2種類に大きく分けられます。

ドコモ電波

  • mineo(マイネオ)
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • BIGLOBE SIM

au電波

  • mineo(マイネオ)
  • UQ mobile
  • IIJmio

上記のサービスが一般的で、ドコモ回線とau回線の両方から選べるmineo(マイネオ)のような珍しい格安SIMも現在では増えました。

どの格安SIMも独自で基地局を持つわけではなく大手キャリアの電波エリアと変わらず、基本的に通話エリアや通信範囲が一緒だと考えられている理由です。

電波は一緒でも基本的にキャリアに準拠する

ほとんどの格安SIMはドコモやauと同じ電波で、通話エリアに大きな違いはありません。

しかし、格安SIMには下記の特徴があるので注意が必要です。

  • ドコモと同じ通話エリアでも、ドコモと同じ通信ができるとは限らない
  • auと同じ通話エリアでも、auと同じ通信ができるとは限らない

大手キャリアから回線を借りてユーザーへとサービスを提供しているのは紛れもない事実でも、格安スマホへと乗り換えたことで通信ができないエリアも幾つか出てくるので基本的にはキャリアに準拠します。

携帯電話を使っていてアンテナが立っているのにも関わらず、電話ができなかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

これは大勢のユーザーが回線を使うことで渋滞を起こしているのが大きな理由で、格安スマホや格安SIMでも同じ状況は十分に考えられるのです。

  1. どの格安SIMもドコモやauの回線の全部ではなく一部を借りている
  2. 100%の回線のうち1%を貸しているようなイメージ
  3. 登録するユーザー数が増えれば通話ができなくなったり通信が遅くなったりする
  4. 会員数が増えてきて限界だと感じるとドコモやauへと回線の追加を依頼する
  5. 回線の追加をしなければ混雑が進んで快適に利用できなくなる

こういったメカニズムになっており、大手キャリアから借りている帯域と会員数のバランスが崩れるとエリアが同じでも通話や通信ができるとは限りません。

これが「キャリアに準拠する」と言われている理由で、ユーザー数が増えても回線を増やそうとしない格安SIMを使っていると、「スピードが遅い」「ランチタイムに繋がらない」といったトラブルの原因となります。

通信エリア外ではWi-Fiを使おう

大手キャリアの回線の一部を借りてサービスを運営している以上、格安SIMの通話エリアが多少は狭くなったりスピードが遅くなったりするのは仕方がありません。

そこで、通信エリア外でWi-Fiを使うのは選択肢の一つです。

地域や場所によっては通信が不安定な場所も幾つかあり、ユーザーの使用が集中していれば混雑しやすいからこそ公衆無線LANを中心とする無料Wi-Fiサービスを上手く活用します。

  • フリースポット:WIRED CAFEやタリーズコーヒーなど全国で13,000ヵ所で利用できる
  • スターバックスWi-Fi:一部の店舗を除いた900店舗以上で利用可能
  • マクドナルドFREE Wi-Fi:全国で利用できるが1回当たり1時間の制限がある
  • セブンスポット:セブンネットショッピング会員は無料で利用できる

上記の無料Wi-Fiサービスが代表的で、スマホのWi-Fiをオンにしてアクセスポイントへとログインすれば利用可能です。

フレッツ光と契約中の方は月額200円で利用できるフレッツスポットや、使いたい時だけのワンタイムプランのWi2 300 公衆無線LANといった有料サービスを利用するのも良いでしょう。

また、月額料金を支払ってモバイルルーターを契約するのもおすすめで、快適に格安スマホを使う試みを行ってみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.