格安スマホが故障した時どう修理すればいいの?

投稿日:

スマホが故障する理由は?

スマホを大事に取り扱っていても、所詮は機械なので壊れることがあります。

スマホが故障する原因が何なのか幾つか見ていきましょう。

  • スマホカバーを装着しておらず、高い場所から落としてしまった
  • トイレの中で使っていたら誤って落として水没してしまった
  • バッテリーの劣化や長時間の使用で熱くなって動かなくなった

高い場所から落として一発でアウトになったり、フリーズして動作が不安定になったりと症状は様々です。

格安スマホが故障した時はどのように修理すれば良いの?

「格安スマホは大手キャリアと比べるとサポート体制があまり良くない」と言われていて、故障した時に修理したり取り替えたりしてくれるのか気になります。

  • 格安SIMの多くはドコモショップやauショップなどの店頭がない
  • インターネット上で手続きをして契約する形となる

このような特徴があり、不安を抱えている方は実に多いのではないでしょうか。

そこで、以下では格安スマホが故障した時の修理や対処の方法を幾つかまとめているので、一度チェックしておいてください。

1年間以内であれば保証がつくので無料で修理可能

  • 大手キャリアで購入したスマホ
  • 格安SIMで購入した格安スマホ

上記のどちらでも日本の正規ルートで購入したのであれば、1年間以内に限り保証がつきます。

格安SIMではなくメーカーの保証が1年付属する形となり、無料で修理可能です。

ただし、落下や水没など故意による故障や破損の場合には対応しておらず、自分で費用を負担して対処しなければなりません。

  • 1年間以内の自然故障
  • 電源が頻繁に再起動する

このようにメーカー側に何かしらの過失がある場合のみで、「1年間以内に壊れたらどんなケースでも修理してくれる」というわけではないのです。

同じ格安スマホの端末を買い直す

故障した後の修理という点では外れますが、同じ格安スマホの端末を買い直すのは選択肢の一つとなっています。

故意による故障や1年間が経過した後は無償で対応してくれないため、自費で負担して修理しなければなりません。

例えば、多くの格安SIMで取り扱っているHuawei HUAWEI P9 liteの場合、割れた画面の交換は13,000円、全損の交換は29,900円という高額な費用がかかります。

  • 修理するだけで別の端末を1台購入できる金額となる
  • あえて修理せずに新しい端末を購入するのと変わらない

こういった理由で無理に修理へと出すのではなく、別の端末を購入してSIMカードを入れ替えてスマホを使うユーザーが多いのです。

どちらにしても費用の負担は免れられないので、日頃から自分のスマホを大事に取り扱いましょう。

端末保証サービスへと入っていると新品に交換できる

メーカーが設定している1年保証とは別で、格安SIMの端末保証サービスへと加入していれば故障した際に格安スマホを新品と交換できます。

ユーザーからの要望を受けて、格安SIMを提供する通信会社でも次々と保証オプションを取り入れる動きが広まりました。

  1. あらかじめ端末保証サービスへと加入しておく
  2. 自然故障や故意による破損などスマホが壊れる
  3. 故障した旨を伝えると代替機が送られてくる
  4. SIMカードを入れ替えて故障機を送る
  5. 修理もしくは新品という形で一定期間後に送られてくる

上記のような流れとなり、月額料金は300円~500円とサービスによって異なります。

無償で対処してくれるわけではないものの、1回目は3,000円~5,000円、2回目は5,000円~10,000円と新しく端末を買い直すよりも安く済ませられるのがメリットです。

端末保証サービスが用意された代表的な格安SIMは?

端末保証サービスが用意された代表的な格安SIMはmineo(マイネオ)で、万が一のトラブル時にお客様の負担を最小限に抑えられます。

  • ZenFone 3やHUAWEI novaをお使いの方は、月額370円の端末安心保証サービス
  • AtermやSI-LAをお使いの方は、月額370円の端末安心サポート
  • 保証可能端末をお使いの方は、月額500円の持込み端末安心保証サービス

このように使用中の格安スマホの端末によって毎月負担する費用が異なり、どれも1回目は5,000円、2回目は8,000円、3回目以降は実費で修理や交換が可能です。

「修理依頼の電話をmineo(マイネオ)へとかける」⇒「交換品が渡される」⇒「故障端末を送付する」という流れなので難しくありません。

買い直す場合は端末料金の全てを支払わなければならないので、mineo(マイネオ)の端末保証サービスを上手く活用してみてください。

スマホの故障を予防する上で押さえておきたいポイント

自然故障は致し方ありませんが、格安スマホの端末保証サービスへと加入していても修理する際には一定の費用が発生します。

そこで、以下ではスマホの故障を予防する上で、押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

  • 衝撃が画面に伝わらないように液晶保護ガラスを貼ったり耐衝撃性に優れたスマホケースを使ったりする
  • 荷重による圧迫を避けるために、後ろポケットや硬く尖った物とスマホを一緒に入れない
  • 雨の日はカバンの中に入れたり濡れた手で触るのを避けたりと、水濡れによる故障を防ぐ

日頃からの些細な対策でスマホを少しでも長持ちさせることができ、雑に扱わないように注意しましょう。

今月のお勧めキャンペーン

-コラム

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.