iPhoneから格安スマホにデータを移せますか?

投稿日:

iPhoneから格安スマホへのデータ移行はできる?

今まで大手キャリアでiPhoneを使用していて、格安スマホへと乗り換える際にデータの移行ができるのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、格安スマホへの乗り換えで日常生活で欠かせないデータの移行は気になるポイントで、「全て消えてしまったらどうしよう・・・」と不安になる気持ちは分かります。

しかし、iPhoneから格安SIMへとMNPする前にスマホのデータをバックアップしておけば、問題なく移行できるので安心してください。

移行元と移行先のiOSバージョンが違っていると、アプリの場合は内容が正しく反映されないケースがあります。

とは言え、正しい手順で行えば新しい機種でも問題なく使用でき、データの種類に応じてiPhoneから格安スマホへと移す方法を見ていきましょう。

電話帳や連絡先

家族や友人と連絡を取り合うに当たり、電話帳や連絡先のデータは大事です。

  • 新しい格安スマホでは電話の履歴が残っていない
  • 電話帳を移行できなければ電話をかけられない
  • 連絡先が分からなければメールも送れない

近年ではLINEさえあればOKという方も多いのですが、電話帳や連絡先が重要な点では変わりありません。

電話帳をiPhoneから格安スマホへと移すに当たって一般的なのがmicroSDカードの使用で、詳しい手順を以下ではまとめてみました。

  1. iPhoneへとmicroSDカードを挿入してデータをコピーする
  2. 移行する格安スマホへとmicroSDカードを挿入する
  3. 電話帳や連絡先のアプリを起動してデータのインポートを行う

たったのこれだけでデータが取り込まれ、新しい格安スマホで閲覧できるので安心です。

microSDカードを持っていない人には、Googleアカウントの使用が適しています。

  1. iPhoneのホーム画面の設定をタップして「メール/連絡先/カレンダー」を開く
  2. Googleアカウントをタップして連絡先をONにすると電話帳(連絡先)が同期される
  3. 移行後の格安スマホでアカウントを追加を選択する
  4. Googleアカウントのメールアドレスを入力して登録したアカウントをタップする
  5. 連絡先を同期するとデータが取り込まれる

アカウントを持っていない人は最初に登録しておきましょう。

写真や音楽ファイル

思い出の写真やダウンロードした音楽ファイルをiPhoneから格安スマホへと移行するに当たり、クラウドストレージサービスの利用がおすすめです。

  • 低コストで必要な分のデータを保管できる
  • フレキシブルに容量の増減が可能
  • 新機種でアクセスすればデータを取り込める

クラウドストレージサービスにはこのような特徴があり、アクセスするに当たってパスワードが必要となるので個人情報の流出の危険性は特にありません。

「iPhoneで一時的に保管する」⇒「データをそのまま置いておく」⇒「格安スマホでアクセスして取り込む」という流れです。

具体的にどんなサービスがあるのか幾つか見ていきましょう。

  • Dropbox:データの編集や閲覧ができるのでビジネスでもプライベートでも活躍する
  • Googleドライブ:使い勝手とコスパで幅広いユーザーから人気を獲得している
  • Amazonドライブ:料金無制限プランが魅力的で知名度の高さも安心ポイント
  • Onedrive(ワンドライブ):15GBまでは無料で利用できる

写真や音楽ファイルの場合は電話帳と比べるとデータ容量が非常に多くなるので、これらのクラウドストレージサービスでデータを移行してみてください。

メール

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールであれば、使用するデバイスに限らずそのサービスのアカウントでアクセスできます。

つまり、iPhoneでも格安スマホでもIDとパスワードを入力するだけで良く、わざわざデータを移す必要性はありません。

キャリアメールの権利に関しては、格安スマホへと乗り換えた際に消滅します。

  • xxxxxx@docomo.ne.jp
  • xxxxxx@ezweb.ne.jp
  • xxxxxx@softbank.ne.jp

これらのメールアドレスは契約した携帯電話でのみアクセスできる仕組みなので、解約手続きやMNP転出を行った後は使用できないのです。

履歴を残しておきたいのであれば、microSDカードやクラウドストレージサービスを使ってバックアップを取っておきましょう。

もちろん、キャリアメールのアドレスをフリーメールなどに変え、友人へと連絡先が変わった旨を伝える作業も必要です。

LINE

最後に、日常的に使う機会の多いコミュニケーションアプリのLINEのデータ移行のやり方について見ていきましょう。

  1. 旧端末のiPhoneでLINEを起動させ、設定画面で引き継ぎの許可を設定する
  2. iOSは「トーク履歴の送信」を選択すると今までのデータの保管ができる
  3. 新機種の格安スマホでLINEアプリをインストールする
  4. 旧端末で設定したメールアドレスとパスワードを入力する
  5. ログインした後にPINコードの入力と電話番号の認証を行う
  6. 24時間以内にログインして2段階認証を行えば引き継ぎは完了

スタンプや着せ替えは再度ダウンロードが必要ですが、今までに購入したものは再び一斉に取り込めるので安心してください。

今月のお勧めキャンペーン

-コラム

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.