中学生に格安スマホを持たせるにはどうすれば良いの?

投稿日:

中学生にスマホを持たせたいと考えている親御さんは多いものです。どのように持たせれば、良いのでしょうか。

中学生に格安スマホを持たせるにはどうすれば良いの?

スマホは気軽に連絡を取ったりインターネットへと簡単にアクセスしたりと便利な一方で、子供へと持たせるに当たって幾つかのデメリットがあります。

  • アプリを使って遊んでしまって勉強の妨げになる
  • 課金サービスを見境なく使って高額な請求が来る
  • 親子間の会話やコミュニケーションの機会が減る
  • スマホに夢中になることでネット依存症になる

こういった理由で、「小学生には必要ない」と考えている親御さんは少なくありません。

しかし、中学生ともなるとスマホを買って欲しいと子供からせがまれることが多く、友人とのコミュニケーションや連絡手段となるので買ってあげるのは選択肢の一つです。

毎月の料金を抑える意味では格安スマホの利用が実に適していて、中学生の子供に持たせるには親御さんの名義で契約する必要があります。

どの格安スマホでも基本的に未成年の申し込みや契約は受け付けていません。

  • サービスに関わらず「18歳以上」「20歳以上」と年齢制限が設けられている
  • クレジットカードでの支払いが基本で18歳未満は持つことができない

上記のように決められており、格安スマホでも大手キャリアと同じように親御さんの名義で契約した後にマイページから利用者登録をします。

mineo(マイネオ)では18歳未満の中学生でも利用者登録が可能!

格安スマホのmineo(マイネオ)では、18歳未満の中学生でも利用者登録を行って子供へとスマートフォンを持たせることが可能です。

どのように契約すれば良いのか分からない親御さんのために、以下ではmineo(マイネオ)での具体的な手順をまとめてみました。

  1. mineo(マイネオ)の申し込み画面へとアクセスして契約者様情報の入力まで進める
  2. 契約者名義は親の名前を入力し、利用者登録で本人以外を選択する
  3. 「ご契約者様との関係」「氏名」「性別」「生年月日」など中学生の子供の情報を入力する
  4. 「青少年の方が利用される場合は以下の項目をご確認ください」という欄に目を通す
  5. オプションの申し込みの有無を決めて契約すれば完了

これで中学生の子供にmineo(マイネオ)の格安スマホを持たせることができ、データ通信SIMでも音声通話SIMでもお好きな方でOKです。

毎月の料金を抑えたいのであればデータ通信SIMが適していますが、念のために音声通話SIMと契約した方が良いでしょう。

  • 090の音声通話ができない
  • 110番や119番の緊急電話はIP電話ではかけられない

データ通信SIMには上記のデメリットがあるので、mineo(マイネオ)のAプランであれば+610円、Dプランであれば+700円で090の音声通話が可能なデュアルタイプを選択すべきです。

mineo(マイネオ)の格安スマホはフィルタリング機能があるから中学生におすすめ!

「中学生向けの格安スマホはどれなのか?」「どの格安スマホを持たせれば良いのか?」と悩んでいる親御さんには、mineo(マイネオ)をおすすめします。

それは子供が安心してスマホを利用できるように、安心フィルタリングサービスが取り入れられているからです。

mineo(マイネオ)では日本PTA全国協議会推薦製品に位置付けられている「iフィルター」と呼ばれるフィルタリング機能を採用しています。

  • 危険なWebページを閲覧したりアプリをダウンロードしたりできないようにブロックする
  • インターネットの利用履歴をチェックしたりスマホの利用時間を制限したりする
  • 位置情報を使って子供がどこにいるのか把握できる

こういった機能が充実しており、月額350円と金銭的な負担が一切かからない点がメリットです。

有害サイトや詐欺メールなど格安スマホを使って犯罪に巻き込まれるケースも少なからずあるので、mineo(マイネオ)と契約する際はフィルタリング機能をつけてください。

中学生が使う格安スマホを更に安くするには?

中学生の子供にスマホを持たせたいと思っていても、毎月高額な料金を支払わなければならないとなると親御さんの負担は大きくなります。

大手キャリアと契約して1ヶ月間に8,000円を支払ったと仮定すると、中学生と高校生の6年間で50万円以上の費用が発生するのです。

そんな時には格安スマホが適しており、更に料金を安くするためのコツを幾つか挙げてみました。

  • データ通信量はそこまで多くなくてOKなので1GBや3GBなど少量の料金プランを選ぶ
  • 中学生は通話よりもアプリがメインなので家庭ではWi-Fiを使ってデータ容量の節約を行う
  • 短い通話が無料で行えるように5分かけ放題サービスのようなオプションへと加入する
  • 親御さんが機種変更をした際に手元に残ったスマホを使わせれば端末料金を節約できる

音声通話が必要ないのであればデータ通信SIMでも良いですし、緊急電話が使えない代わりに料金が安くなります。

LINEの無料アプリを使えば電話代は一切かからず、1ヶ月間で2,000円~3,000円の料金に抑えるのは難しくありません。

中学生に格安スマホを持たせる場合は、料金や機能など様々な点で照らし合わせてベストなものを選んでみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.