mineo(マイネオ)ではデータの翌月繰越が可能!

投稿日:2017年3月26日 更新日:

格安スマホのmineo(マイネオ)では他の携帯キャリアと同じように、データの翌月繰越が可能です。

mineo(マイネオ)ではドコモのDプランでもauのAプランでも、以下のデータ容量からお好きなものを選択できます。

  • 500MB
  • 1GB
  • 3GB
  • 6GB
  • 10GB
  • 20GB
  • 30GB

自分のスマホの使う頻度を考えて加入できるのが大きな強みですが、「今月は使用頻度が少なかったから余ってしまった・・・」と悩んでいる方は少なくありません。

そんなユーザーのために用意されているシステムがデータの翌月繰越で、余っていても無駄なく活用できます。

例えば、5GBのプランへと加入して1GBが余ってしまったとしても繰越ができるので、翌月はトータルで6GBまで使える計算です。

繰越可能なデータ容量の上限が設定されていないのがmineo(マイネオ)のメリット!

mineo(マイネオ)では繰越可能なデータ容量の上限は特に設定されていません。

  • 自分で加入している基本のデータ容量
  • パケットチャージの容量
  • パケットギフトで貰った容量
  • キャンペーンで得た容量

これらの全てを翌月へと繰越ができ、mineo(マイネオ)の大きなメリットです。

他社の格安SIMの場合、「3GBであれば3GBまで」「10GBであれば10GBまで」と加入しているプランの基本容量までと定められているケースが多くなっています。

その点、mineo(マイネオ)は10GBでも20GBでも繰越ができ、無駄なく活用できると言われている大きな理由です。

有効期限は翌月までなので注意!

繰り越せる上限値が設定されていない代わりに、mineo(マイネオ)で繰り越したデータ容量は翌月の末日までに使い切らないと失効してしまいます

  1. 自分はmineo(マイネオ)の10GBプランへと加入している
  2. 1月に5GBが余ったので2月に繰り越した
  3. 2月は基本データ容量と合わせて15GBまで使用できる
  4. 2月も3GBしか使わなかったから12GBを繰り越したい
  5. 3月に繰り越せるのは2月分だけで1月の残りの2GBは消滅する

このような仕組みになっており、無期限で繰り越せるわけではありません。

しかし、翌月へと繰り越したパケットは優先的に消費されるため、余程自分の使用頻度に合わないプランへと加入していなければ無駄にすることはないでしょう。

パケットの変更手続きは毎月25日まで可能で、翌月から適用されます。

  1. mineo(マイネオ)のマイページへとログインする
  2. 「トップページ」⇒「ご契約サービスの変更」とタップする
  3. 下にスクロールして「基本データ容量変更」をタップする
  4. 加入したいコースを選択して次へと進む
  5. 申し込み内容を確認して間違いがなければ「申し込む」をタップして完了

上記のようにスマホ上で変更できるので難しくありませんし、手続きに手数料はかからないので安心してください。

自分で使い切れないデータはパケットシェアをしよう

もしmineo(マイネオ)で使い切れないデータがあった場合、翌月へと繰り越すだけではなくパケットシェアをして家族同士で分け合うのも選択肢の一つです。

最大5回線まで繰り越した分を分け合える仕組みとなっており、3人でトータル600MBが余ったとすると翌月に自由にシェアできます。

1人が600MBを丸ごと使っても良いですし、200MBずつ分けて利用しても構いません。

パケットシェアを利用するにはあらかじめメンバーを登録しなければならず、その手順を以下では簡単にまとめてみました。

  1. IDとパスワードを入力してmineo(マイネオ)のマイページへとログインする
  2. ご利用状況の下の「ご契約サービスの変更」をタップする
  3. 下の方へとスクロールして「パケットシェア変更」をタップする
  4. メンバーにしたい利用番号を2回線目以降の欄に入力する
  5. 「次へ進む」をタップし、内容に間違いがなければ「申し込む」を押して完了

あらかじめ登録をしておけば家族でデータの繰越が可能となり、新たにmineo(マイネオ)の公式サイトからデータ容量を購入する必要性はなくなります。

申し込みを行った後にシェアメンバーへと承認依頼メールが送信され、1週間以内に承認しないと無効となるので注意しましょう。

パケットギフトを使えば無期限の繰越が可能

mineo(マイネオ)を使っているユーザーであれば、誰とでもデータ容量を分け合える機能のパケットギフトが使えます。

  • 一緒に住んでいる家族
  • 遠く離れている家族
  • 親しい友人
  • 会社の同僚
  • 赤の他人

上記のようにmineo(マイネオ)のユーザーという条件を満たしていれば誰とでもOKで、10MBから最大9,990MBまでやり取りできるのが特徴です。

受け取ったパケットギフトは翌月末まで有効期限が長くなる仕組みとなっており、相手には月を跨いで送ってもらえば無期限で繰越ができます。

つまり、毎月の料金プランで購入するパケットが一切無駄になることはなく、自分にとっても相手にとっても効果的な方法だと言えるのではないでしょうか。

同じ家族で格安スマホのmineo(マイネオ)を使っているユーザーがいないとしても、コミュニティサイトのマイネ王でパケットギフトの相手を探せるので有効活用してみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-mineoのメリット

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.