mineo(マイネオ)は、iPhone6s/6s plusで使えますか?

投稿日:

iPhone6s/6s plusの特徴やメリットは?

新機種が登場してから大分価格が落ち着いたことで、iPhone6s/6s plusも根強い人気を得ています。

「iPhone 4S」⇒「iPhone 5」⇒「iPhone 5s」と、毎年iPhoneを購入しているユーザーも中にはたくさんいるのではないでしょうか。

そこで、以下ではiPhone6s/6s plusにどんな特徴やメリットがあるのか簡単にまとめてみました。

  • iPhone 6s Plusに関しては画面が大きく、写真や動画を本気で楽しむことができる
  • デザインは基本的に変わっていないものの、内部のCPUが新しくなってスピード感溢れる動作が可能
  • RAMが2GBに倍増したことでフリック入力の際の遅延が発生しにくくなった
  • 指紋認証機能の「Touch ID」の認識スピードが前作と比べて速くなった
  • iPhone 6sは最大で14時間、iPhone 6s Plusは最大で24時間とバッテリーの持ちが良い
  • iPhone 6s Plusはカメラの手ぶれ補正がついているので写真やビデオを撮影しやすい

iPhone7やiPhone7 plusを購入しなくても、6sシリーズで十分という方もいます。

発売された当初は10万円と価格が高かったものの、現在では中古で5万円と半分程度の価格で購入可能です。

mineo(マイネオ)はiPhone6s/6s plusで使えるの?

iPhone6s/6s plusが魅力的な機種だとしても、格安スマホで使えなければ乗り換える意味はありません。

格安スマホのmineo(マイネオ)では、iPhone6s/6s plusの動作確認が取れているので安心です。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus

上記の両方の端末で090の音声通話やデータ通信ができると公式サイトでは記載されていて、mineo(マイネオ)はマルチキャリアに対応しているからこそauのスマホでもSIMロック解除無しで利用できます。

「SIMフリー版のiPhone 6sはちょっと高い・・・」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

しかし、mineo(マイネオ)であればドコモでもauでも大手キャリアで使っていたiPhone6s/6s plusをそのまま利用でき、SIMカードを差し替えるだけでOKなのがメリットです。

mineo(マイネオ)でiPhone6s/6s plusを使う流れをチェック!

以下では大手キャリアから乗り換えようと考えている方のために、mineo(マイネオ)でiPhone6s/6s plusを使う流れを簡単にまとめてみました。

  1. mineo(マイネオ)の公式サイトで自分の端末に合うタイプのSIMカードを申し込む
  2. 他社から電話番号をそのままで乗り換える場合はMNP予約番号を入手しておく
  3. 個人情報を入力して申し込み、4日後~1週間後くらいにSIMカードが届けられる
  4. クリップを曲げて代用すれば専用の取り出し棒がなくてもSIMカードの挿入口をあけられる
  5. SIMカードを差し替えた後にWi-Fi環境で構成プロファイルをインストールをする
  6. 初期設定のAPN設定が終わると一定時間が経った後にデータ通信の機能を利用できる

mineo(マイネオ)は回線に合ったSIMカードを選ぶ形となり、ドコモでもauでもSIMロック解除無しでiPhone6s/6s plusを使える理由です。

mineo(マイネオ)で販売されている端末を購入しなくても、お気に入りのiPhone6s/6s plusを継続して使って月額料金だけ安くなります。

データ容量は豊富な料金プランの中からお好きなものを選択できるので、mineo(マイネオ)の公式サイトで詳細を確認してみてください。

mineo(マイネオ)でiPhone6s/6s plusを使う前に押さえておくべきポイント

格安SIMの中には、公式でiPhone6s/6s plusが使えると案内されていないサービスがあります。

そういったサービスでは自己責任で利用しなければならないものの、mineo(マイネオ)では動作確認一覧で明記されているので安心です。

しかし、iPhone6s/6s plusを使う前に押さえておくべきポイントがあるので、mineo(マイネオ)へと乗り換える前にチェックしておきましょう。

  • テザリングの機能は利用できず、外出先でノートPCを使いたい時はWi-Fiルーターが必要(Dプランはテザリングできる)
  • キャリアメールやauスマートパスなど大手キャリアで提供されているサービスは使えなくなる
  • 2年縛りの更新月以外で解約処理を行うと9,500円の違約金が発生する(更新月は2ヶ月間)
  • ソフトバンク版のiPhone6s/6s plusをお使いの方はSIMロック解除が必要

auのiPhoneでmineo(マイネオ)のAプランへと申し込むに当たり、テザリングができないのがデメリットの一つです。

とは言え、テザリングに拘りを持っていない方には特に関係はありませんし、チャット機能の導入でサポート体制に気を配っている格安SIMなので一度申し込んでみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.