mineo(マイネオ)は、解約時にSIMカードの返却は必要?ペナルティはある?

投稿日:

mineo(マイネオ)は解約時にSIMカードの返却は必要なの?

格安スマホのサービスを解約するに当たり、SIMカードの取り扱いに関してはサービスによって違いがあります。

  • SIMカードは返却しなくても良い
  • SIMカードの返却は必須

この2つに大きく分けられ、解約したり他社へとMNPしたりする際には事前に確認しておかなければなりません。

mineo(マイネオ)に関しては契約している料金プランによって異なるので詳しく見ていきましょう。

au回線のAプランでは返却の必要なし

mineo(マイネオ)のau回線のAプランでは、SIMカードの返却は必要ありません。

「解約後はお客様自身で破棄をお願いします」と公式サイトのユーザーサポートでは記載されていました。

ただし、SIMカードの中には個人情報が入っているので、そのまま捨てるのは少々危険です。

  • 破棄せずに自宅へと保管しておく
  • ハサミで切ってから捨てる

上記の2つの方法が適していて、他人に悪用されないために最低限の対策を行った方が良いでしょう。

とは言え、mineo(マイネオ)を解約して使えなくなったSIMカードを持っていても特に意味はありませんし、今保有している回線の分のSIMカードと間違える可能性があります。

そのため、ハサミで切って使えない状態にしてからゴミ箱へと捨てるのが効果的です。

ドコモ回線のDプランでは返却の必要あり

mineo(マイネオ)のドコモ回線のDプランと契約している方は、解約する際にSIMカードを返却しなければなりません。

返送先の住所は解約の手続きを行った後にmineo(マイネオ)から送られてくるメールの中に記載されていますが、念のために以下ではまとめてみました。

郵便番号:〒530-8780
住所:日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
宛先:株式会社ケイ・オプティコム お客さまサポートセンター

使用する封筒は定形外郵便でOKで、SIMカードを入れて指定された宛先へと郵送します。

返却する際の送料はお客様で負担しなければならないものの、郵便ポストへとSIMカードを入れて送るだけなので簡単です。

もちろん、返却が必要なのはSIMカードだけなので、今まで使っていた端末や付属品はそのまま別の用途で使用できます。

SIMフリースマホを持っていればmineo(マイネオ)に限らず他の格安SIMサービスが使えますし、私たちは自由にMVNOを選べるようになりました。

しかし、mineo(マイネオ)は格安スマホの中でも通信速度が速いと高い評判を得ていて、顧客満足度もナンバーワンという魅力的なサービスなので本当に解約して良いのかじっくりと考えてみてください。

mineo(マイネオ)のSIMカードを返却しないとペナルティが発生するの?

SIMカードの返却を義務付けている格安SIMでも、サービスによってペナルティの有無は異なります。

  • OCNモバイルONE:返却を義務付けているが損害金の発生はない
  • DMMモバイル:損害金に関する記載はあるが実際に請求したことはない
  • BIGLOBEモバイル:20日以内に返却が必要だがペナルティはない
  • NifMo:返却を義務付けているがペナルティや損害金の発生は無し

上記のような違いがあり、mineo(マイネオ)ではSIMカードを返却しないと紛失手数料として3,000円が徴収されるので注意が必要です。

しかし、mineo(マイネオ)のコミュニティサイトのマイネ王では、未返却の際のペナルティは特にないと書かれていたのでどれが本当の情報なのか分かりません。

公式サイトでもペナルティに関する記載はなく、判断が難しいところです。

とは言え、ドコモ回線のDプランではmineo(マイネオ)のSIMカードの返却が推奨されているのは紛れもない事実ですし、送料の負担が必要でも100円程度で済みます。

ドコモとの契約上で返却しなければならない理由が何かしらあると考えられるので、サービスの指示に従って忘れずに郵送してください。

mineo(マイネオ)を解約する上での注意点は?

以下ではmineo(マイネオ)のサービスを解約するに当たり、SIMカードの返却以外に注意すべきポイントを幾つか挙げてみました。

  • デュアルプランへと加入中の方で、12ヶ月以内に他社へと乗り換える場合はMNP転出手数料として12,420円を支払わなければならない
  • 「設定方法が分からない」「端末で使用できなかった」「OSのアップデートで使えなくなった」など、いかなる理由でも12ヶ月以内の解約のMNP転出手数料は発生する
  • 月の途中で解約の手続きを行った場合は日割り計算となり、翌日からは音声通話もインターネットへの接続もできなくなる
  • 21時~翌日の9時まではオンライン上でも解約の手続きは受け付けておらず、月末のタイミングを狙っている場合は早めに行う

mineo(マイネオ)のデータ通信専用SIMであれば、3ヶ月後でも半年後でも解約金が撤廃されています。

MNP転出の手続きが必要なく最低利用期間も設定されていないのが理由ですが、デュアルプランへと加入している方は解約のタイミングに注意すべきです。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.