mineo(マイネオ)は、iPhoneSEで使えますか?

投稿日:

iPhoneSEの特徴やメリットは?

iPhoneSEは2016年にスペシャルイベントで発表されて話題となりました。

今までの新製品とは事情が違って最新のスペックを持つモデルではなく、iPhone 5sやiPhone 6sの性能を乗せ換えているのが特徴です。

それでも、性能や機能に関しては申し分なく、iPhoneSEのメリットを見ていきましょう。

  • 4インチディスプレイを搭載していて小さな本体サイズのスマホが欲しい方にピッタリ
  • アルマイト処理によって光沢感のないマットな仕上がりとなっている
  • iPhone5シリーズで人気を得たデザインを更にブラッシュアップさせている
  • メインカメラは1,200万画素とiPhone6sと同等の性能を持っている
  • 数秒間を動画として撮影して動く写真を表現できるLive Photosを採用している
  • A9プロセッサと2GBのRAMの搭載によって動作の体感速度が速くなった

他のシリーズと同じように電池持ちも良いですし、バッテリーの強化はiPhone5の電池持ちに不安を抱えているユーザーにとって嬉しいポイントです。

iPhoneSEは端末代金が安い!

iPhoneSEは従来のシリーズとは異なり、端末代金が安く設定されています。

「新機種が欲しいけれど本体価格が高いのはちょっと・・・」と悩んでいる方にピッタリで、16GBで販売店別の価格をまとめてみました。

  • Apple:57,024円
  • ソフトバンク:56,880円
  • au:56,880円
  • ドコモ:57,024円

上記は2016年の4月現在の価格なので、今ではもっと安い料金で購入できます。

SIMフリースマホを入手すれば、大手キャリアと契約しなくても格安SIMのカードを挿して月額料金を大幅に節約できるのです。

mineo(マイネオ)はiPhoneSEで使えるの?

格安スマホのmineo(マイネオ)では、iPhoneSEも問題なく使うことができます。

公式サイトの動作確認一覧では、しっかりとiPhoneSEが記載されていました。

  • SIMフリー版
  • au版
  • ドコモ版

この全てのiPhoneSEで動作確認が取れていて、音声通話やデータ通信といった機能を問題なく使えます。

大手キャリアと契約して使うのではなく、なぜmineo(マイネオ)を選んだ方が良いのか理由を見ていきましょう。

  • 5GBはAプランで2,190円、Dプランで2,280円と大手キャリアと比べて圧倒的に安い
  • 既にiPhoneSEをお持ちの方はMNP予約番号を取得して乗り換えるだけで直ぐに使える
  • 5分かけ放題オプションへと加入すれば、5分間以内の通話は全て無料となる
  • 大手キャリアの回線を借りて提供されているので通信速度が著しく遅くなるトラブルはない

料金の安さに魅力を感じ、mineo(マイネオ)へと乗り換えている方は少なくありません。

大手キャリアで8,000円近くの料金を支払っている方でも、格安スマホのmineo(マイネオ)へと乗り換えるだけで月額3,000円程度に抑えられます。

新たに端末を購入しなくても今までのiPhoneSEを使えるので、mineo(マイネオ)のSIMカードを申し込んでみてください。

MNP予約番号の取得方法は?

今までのiPhoneSEの電話番号をそのままでmineo(マイネオ)へとMNPする場合は、大手キャリアへと問い合わせてMNP予約番号を取得しなければなりません。

  1. 10桁のMNP予約番号を今までお使いのキャリアから取得する
  2. mineo(マイネオ)の申し込み画面で10桁の番号と有効期限を入力する
  3. 有効期限が10日間以上残っている状態で申し込まなければならない
  4. SIMカードが届けられて差し替えてから初期設定を行う

このような流れとなり、取得方法は大手キャリアによって異なります。

ドコモ

  • My Docomoへとアクセスして申し込む(24時間OK)
  • iModeへと接続して「各種お申込
  • お手続き」から申し込む
  • ネット環境がない場合は「0120-800-000」へと電話する
  • ドコモショップ窓口へと足を運ぶ

au

  • 「0077-75470」へと電話してオペレーターとやり取りする
  • ガラケーを使っている方はEZwebから「au 携帯電話番号ポータビリティー」へとアクセスする
  • 店頭で申し込みしたい人はauショップへと足を運ぶ

インターネットや店頭で簡単に申し込みができ、いつでも自由なタイミングでmineo(マイネオ)へと乗り換えられる点では一緒です。

iPhoneSEでmineo(マイネオ)へと乗り換える上での注意点は?

iPhoneSEでmineo(マイネオ)へと乗り換えるに当たり、SIMカードの種類に注意しなければなりません。

  • 15㎜×25㎜の標準SIM(miniSIM)
  • 12㎜×15㎜のmicroSIM(マイクロSIM)
  • 8.8㎜×12.3㎜のnanoSIM(ナノSIM)

上記の3種類に分けられ、iPhoneSEは標準SIMやmicroSIMではなく最も小さなサイズのnanoSIMです。

mineo(マイネオ)へと申し込む際にサイズが間違っていると、「差し替えられない」「繋がらない」といったトラブルが起こります。

公式サイトでも詳しく説明してくれているので、契約する前に確認しておいてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.