mineo(マイネオ)との契約で2年縛りはあるの?違約金の支払いは必要?

投稿日:2017年4月10日 更新日:

キャリアを契約する際に有名なのが2年縛りで、更新月以外での解約やMNPを行うと違約金を支払わなければなりません。

  • ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは2年縛りを行ってきた
  • 携帯電話やスマホの使用料金を割り引く代わりに2年ごとに契約を更新する必要がある
  • 更新月以外の解約やMNPによって違約金の9,500円が発生する

このような特徴があり、「2年縛りのせいで格安スマホへとMNPするのが勿体無い」と考えている方はいます。

しかし、格安SIMのmineo(マイネオ)には最低利用期間の2年縛りがなく、いつでも自由に違約金を支払わずに解約できるのが人気の秘訣です。

以前はmineo(マイネオ)でも解約清算金のシステムは取り入れられていました。

  • 2015年6月30日以前⇒最低利用期間が12ヵ月で解約すると9,500円が発生
  • 2015年7月1日以降⇒最低利用期間がなく解約清算金も発生しない

上記のように緩和されていて、他の格安SIMだと1年間の縛りがあって解約すると8,000円~9,000円程度の違約金が発生するのが現状です。

その点、データ通信のみを行うmineo(マイネオ)のシングルタイプでも音声通話を含むデュアルタイプでも、AプランDプランに関わらず契約してイマイチだと感じたら解約できます。

他社と比べて気軽に格安スマホを取り入れすく、「契約して違約金を支払うことになったら嫌だな・・・」と感じている方におすすめです。

2年縛りがない代わりにMNPする場合は違約金が発生する

大手キャリアのような2年縛りは基本的になく、現在では格安SIMのmineo(マイネオ)へと乗り換えるユーザーの数は増えました。

しかし、いつ解約しても違約金の支払いが一切発生しないわけではなく、他社へとMNP(電話番号そのまま乗り換え)を行うと手数料がかかるので注意しなければなりません。

  • mineo(マイネオ)の音声付きのデュアルタイプと契約している
  • 単純に解約して番号を手放すだけであれば違約金は発生しない
  • 12ヵ月以内に他社へとMNPする場合に限り手数料の11,500円がかかる
  • 13ヵ月目以降はMNP転出手数料の2,000円だけでOK

上記のように、番号ポータビリティで転出するケースのみ1年間という縛りがあります。

それでも、大手キャリアの2年縛りと比べれば緩いですし、MNP転入時に受けられる特典目当ての契約での乗り換えを防ぐために設定している条件なので致し方ないのです。

以下では違約金が発生しないmineo(マイネオ)の解約方法についてまとめてみました。

  • MNPの転出をしない純粋な解約でデュアルタイプでお使いの電話番号が消滅する
  • デュアルタイプからシングルタイプへとプランを変更する
  • 090の音声通話の番号が付与されないシングルタイプの解約
  • 13ヵ月目以降にデュアルタイプの契約で電話番号をそのまま乗り換える

解約に関する自由度が圧倒的に高く、単純に毎月の料金が安いだけが魅力的というわけではありません。

豊富なキャンペーンで得られる特典も多いので、格安スマホに興味がある方はmineo(マイネオ)を選んでみてください。

大手キャリアでも従来の2年縛りは撤廃されている

今まで実施されていた大手キャリアの2年縛りはユーザーにとって負担が大きく、数多くの不満が上がっていました。

そこで、大手3社は2016年に2年縛りを撤廃したプランを発表し、大まかな内容について見ていきましょう。

  • 原則的に契約してから2年間以内の解約は今までと同じように違約金が発生する
  • 25ヵ月目以降であれば契約更新月以外でも自由に解約ができる

従来は25ヶ月目の更新月にのみ解約しなければ違約金がかからないシステムだったので、多少は緩くなっています。

しかし、完全に2年縛りが撤廃されたわけではありませんし、最初の2年間は現状と変わらず中途半端なのは紛れもない事実なので、「このまま契約を続けるのか格安スマホにMNPするのか迷っている」という方にはmineo(マイネオ)がおすすめです。

最低利用期間中でもmineo(マイネオ)へとMNPした方が良いケースもある

MNPで大手キャリアからmineo(マイネオ)へと乗り換えるに当たり、「違約金が発生しない方が良い」と考えるのは不思議ではありません。

解約する際の9,500円は本来は支払わなくても良いお金ですし、無駄な出費と考えるのは当然です。

とは言え、最低利用期間中でも3ヶ月以上に渡って残っているのであれば、契約更新月を待つよりも直ぐにmineo(マイネオ)へとMNPした方が良いでしょう。

例えば、auで5GB契約をした際に毎月発生する料金は以下のようになります。

  • 電話かけ放題プラン+誰でも割りで2,700円
  • データ定額5(5GB)で5,000円
  • LTE NETで300円

トータルで8,000円が発生し、解約できる期間まで1年間と仮定すると96,000円を支払わなければなりません。

一方でmineo(マイネオ)で音声付きの5GBプランに加入すれば毎月2,160円なので、1年間でも51,840円で済みます。

「あと1ヵ月~2ヶ月で今のスマホの契約が切れる」という場合は待った方が良いですし、mineo(マイネオ)へのMNPのベストなタイミングは個人によって異なるのでいつ乗り換えれば良いのか考えてみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2018 AllRights Reserved.