mineo(マイネオ)は、大手キャリアのように店員さんと話せるの?

投稿日:2017年4月11日 更新日:

大手キャリアの店舗数は日本全国にあり、店員さんと直接話して対応してもらうことができます。

  • ドコモは約2,400店舗
  • auは約2,500店舗
  • ソフトバンクは約2,000店舗

これだけの数のショップがありますし、何かトラブルが起こった際に直接店頭へと足を運べば対応してくれるという安心感が魅力的です。

一方で格安スマホを提供している事業者の多くは店舗を持っていません。

  • 電話やメールを使って問い合わせる
  • 公式サイト上でチャットを行う

上記のどちらかの方法で問い合わせる形となり、電話の営業時間も限られています。

「格安スマホはサポート体制が良くない」と言われていますが、大手キャリアとは違って2分の1~3分の1程度にスマホの月額料金を抑えられるので仕方がないのです。

また、自分で用意したスマホへとSIMカードを挿入して使用する場合もあり、その本体に対するサポートがなく自分で設定しなければならないと心得ておいてください。

mineo(マイネオ)は大手キャリアのように店員さんと話せるの?

格安SIMのmineo(マイネオ)の場合、他の事業者とは違って大手キャリアのように店員さんと話せるメリットがあります。

Web上から申し込むだけではなく、実際に店舗へと足を運んで契約したりMNPしたりできるのです。

  • 渋谷や秋葉原にあるmineoショップ
  • ヨドバシカメラなどのmineo販売店
  • 豊洲や神田にあるmineoサポート店

これらの実店舗が次々とオープンしており、「格安スマホに初めて申し込もうと考えている」という初心者は店頭で契約した方が良いでしょう。

どの店舗でも店員さんと直接話すことができますが、それぞれできることとできないことがあるので詳しくまとめてみました。

mineo(マイネオ)ショップ

最も確実な方法はmineo(マイネオ)ショップへと足を運ぶことで、申し込みを行う前に格安スマホのメリットや料金プランなど詳しく店員さんから話を聞くことができます。

それに、SIMカードだけではなく端末も同時にmineo(マイネオ)で購入するに当たり、触り心地や使い心地をチェックできるのも魅力的です。

mineo(マイネオ)ショップで申し込むに当たって事前に以下の書類が必要となります。

  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • 持っている場合はeoIDとeoIDパスワード
  • 受信できるメールアドレス
  • 他社から乗り換える際のMNP予約番号

MNP予約番号を取得した際の契約名義とサービス申し込み者の名義が同じでなければ、mineo(マイネオ)へと新規申し込みができないので注意しなければなりません。

また、mineo(マイネオ)ショップでは新規申し込みだけではなく、プリペイドパックや海外用プリペイドSIMの購入、mineo(マイネオ)端末の初期設定などのサポートも受けられます。

Webで申し込んでSIMカードが自宅へと届けられるまで待つ必要はなく、即日受け渡しが可能なのがメリットです。

しかし、18歳未満の方は新規申し込みが不可ですし、その日に受け付けてくれる数には限りがあり、早めに来店しなければなりません。

mineo(マイネオ)の公式ホームページでは東京や大阪にある店舗情報が掲載されているので、店頭へと足を運んで店員さんと直接話がしたい方は一度確認しておいてください。

mineo(マイネオ)の販売店

ヨドバシカメラなどのmineo(マイネオ)の販売店でも、mineo(マイネオ)ショップと同じように新規の申し込みができます。

用意しなければならない書類は上記でご説明した内容と一緒ですが、販売店で契約するに当たって幾つかの注意点があるのでチェックしておきましょう。

  • 初期設定サポートや追加有料サポートは受けられない
  • 当日受け渡しの受け付けは19時までで、混雑している時はもっと早くなる
  • 初期費用が割引されるエントリーパッケージの利用が不可
  • 申し込みが完了してからSIMカードを受け取れるまでは大よそ2時間
  • 契約者本人のみが申し込み可能で代理人は不可

他にも、ヨドバシカメラの店員さんによってはmineo(マイネオ)に関するエキスパートではなく、突っ込んだ話をするのが難しい点がデメリットです。

大まかな料金プラン以外にも細かい点について直接伺いたい方は、mineo(マイネオ)の販売店ではなく専門ショップへと足を運んでください。

mineo(マイネオ)のサポート店

mineo(マイネオ)ショップ以外にも、全国の至る場所にmineo(マイネオ)のサポート店があります。

店頭スタッフが丁寧に応対してくれますし、以下のサポートを受けられるので初めて格安スマホを購入しようと考えている方にもおすすめです。

  • mineo(マイネオ)の申し込みに関するサポート(直接mineo(マイネオ)の説明を受けられる)
  • SIMカードの差し替えや初期メールアドレス変更のサポート(1,000円)
  • 標準メールアプリ設定(1,000円)
  • 「電話帳移行」「データ移行」「訪問サポート」など(サポート店によって個別で料金が設定されている)

店頭での申し込みだけであれば無料ですが、その他のサポートは有料なので気を付けなければなりません。

また、場所によっては受け付けていないサポートもあり、事前の確認が必要となります。

  • スマートライフららぽーと豊洲紀伊國屋書店内店
  • パソコン工房秋葉原サポート
  • ドクターホームネット 東京三田店
  • スマートライフ麻布十番店
  • スマートライフ西新井店
  • スマートライフ環七奥戸店
  • ピーシーデポスマートライフ多摩ニュータウン店

東京都だけでも上記を中心とする様々なmineo(マイネオ)のサポート店があるので、どんなサービスを受けられるのかネットで確認してから店頭へと足を運んでみてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2017 AllRights Reserved.