mineo(マイネオ)は海外でも通話やデータ通信ができるの?

投稿日:

スマートフォンは海外旅行に必須のアイテムと言っても過言ではなく、ホテルの予約をしたり美味しいお店を検索したりと役立ちます。

スマホを持っていないだけで、海外旅行の楽しみが半分以上は失われてしまうのではないでしょうか。

そこで、「mineo(マイネオ)は海外でも通話やデータ通信ができるの?」と疑問を抱えている方はいます。

結論から言えば大手キャリアと同じように、mineo(マイネオ)でも国際ローミングに対応している機種であれば利用可能です。

  • 普段スマホやタブレットで使っている電波が届かない場所へと行く
  • 各キャリアが提携している現地の携帯会社の電波を受信可能な状態にする

このような機能のことをデータローミングと呼び、日本で使っているmineo(マイネオ)のスマホでも海外で電話を掛けられます。

mineo(マイネオ)は海外で通話はできてもデータ通信はできない

国際ローミングに対応しているmineo(マイネオ)の機種であれば、海外でも通話機能の利用は可能です。

国際電話を使う形となるので日本国内の電話料金よりも高くなりますが、連絡手段として活用できます。

しかし、残念ながらmineo(マイネオ)のSIMカードはDプランでもAプランでも海外ローミングに対応していません。

mineo(マイネオ)に限らず多くの格安SIMでは海外でのデータ通信が不可で、インターネットと接続できないのがデメリットです。

だからといってガイドブックを片手に持って異国を散策するのは少々無理があり、グローバルWiFiをおすすめします。

  • グローバルWiFiは海外でも利用できるWi-Fiルーターのレンタル業者
  • 世界200以上のエリアでインターネットと繋げられる
  • 携帯会社の海外パケットと比較して半額以下の料金で利用できる
  • カスタマーサポートは24時間365日体制なので安心

上記のような特徴があり、利便性の高いルーターなので1年間で100万人以上が利用しているのです。

SMS(ショートメッセージサービス)は利用できる

SMS(ショートメッセージサービス)は海外でも利用でき、mineo(マイネオ)を使って連絡する際に役立ちます。

  • Dプラン:090の音声通話が可能なデュアルタイプ
  • Aプラン:シングルタイプでもデュアルタイプでもOK

SMSの利用に関してはこのように加入しているmineo(マイネオ)のプランによって異なり、Dプランのデータ通信SIMのシングルタイプ以外であればやり取り可能です。

ただし、SMSの受信は無料でも、1通を送信する度に100円という高額な料金が発生するので使いすぎには注意しましょう。

mineo(マイネオ)を海外でデータ通信するには海外用プリペイドSIMがおすすめ!

mineo(マイネオ)はそのままでは海外でデータ通信ができないため、海外用プリペイドSIMがおすすめです。

海外用プリペイドSIMは海外でデータ通信の機能を利用する目的で、データ容量を選んで先払いして利用できるSIMカードのことを指します。

海外100ヶ国以上で使えるので便利ですし、日本人の渡航者が多い国の90%以上をカバーしてくれるので安心です。

以下では、mineo(マイネオ)の海外用プリペイドSIMを利用する条件を幾つか挙げてみました。

  • 海外旅行で滞在している国が利用可能なエリア(Dプランの人はドコモの公式サイト、Aプランの人はauの公式サイトで確認可能)
  • SIMロック解除がされているSIMフリー端末かどうか(2015年の5月以降に発売されている機種であればOK)
  • W-CDMA(UMTS)の通信規格に対応している(ドコモやauの公式サイトで確認できる)

日本でセットアップできるので安心ですし、先払いのプリペイド方式なのでパケット代を使い過ぎて高額な請求が来るような心配もありません。

海外用プリペイドSIMの料金はどのくらい?

海外用プリペイドSIMは4種類から希望するデータ容量を購入するデータパックチャージと、上限額を設定して使い過ぎを未然に防げる従量チャージの2パターンから選択できます。

それぞれどのくらいの料金で利用できるのか見ていきましょう。

データパックチャージ

  • 30MBで650円
  • 100MBで1,480円
  • 500MBで5,480円
  • 1GBで9,800円

従量チャージ

  • zone1は1MBで32円
  • zone2は1MBで92円
  • zone3は1MBで858円

海外でデータ通信を行うためのSIMカードなので、残念ながら日本で使うよりも遥かに高い料金を支払わなければなりません。

Webページの閲覧だけであればまだしも、暇つぶしとして動画を視聴していると簡単に1日で1GBを消費してしまうので1万円近くの料金が発生します。

そのため、mineo(マイネオ)を使って海外でデータ通信を行うに当たり、上記で紹介した海外Wi-Fiレンタルを利用するのは選択肢の一つです。

mineo(マイネオ)の海外用プリペイドSIMを利用する流れは?

短期間の海外旅行やあまりデータ通信を使わない人であれば、mineo(マイネオ)の海外用プリペイドSIMが役立ちます。

以下では利用するまでの大まかな流れをまとめてみました。

  1. mineo(マイネオ)の公式サイトへとアクセスして購入する(中国や韓国では初回に30MBがチャージされている)
  2. SIMカードが手元へと届いたらSIMを有効化するページへとアクセスする
  3. 「裏面に表記されているICCID」「連絡先電話番号」「メールアドレス」を入力する
  4. 使用前の詳細情報の登録を行うとアカウントが発行される
  5. 滞在先へと行ったらSIMカードを差し替えて「0000」のPINコードを入力する
  6. ネットワーク設定とテスト通信を行って完了

海外用プリペイドSIMを購入したりデータ容量をチャージしたりするにはクレジットカードが必要です。

複数の国を横断して使用することもでき、詳細はmineo(マイネオ)の公式ホームページで確認しておいてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.