格安SIMと携帯大手キャリアとの違いはどこにある?

投稿日:2017年4月11日 更新日:

  • 周囲の流れで格安SIMへと乗り換えようと思っている
  • このまま大手キャリアのスマホを使っていて良いのか不安
  • 格安SIMと携帯大手キャリアとの違いが分からない

上記のような疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、携帯電話やスマートフォンはそこまで頻繁に変えることはなく、1つの機種を何年間にも渡って使っている方はいます。

しかし、現在ではドコモやソフトバンクを中心とする大手キャリアから格安SIMへと乗り換える方が増えました。

この2つにどのような違いがあるのかまとめているので、どちらが自分に合っているのか比較してみてください。

毎月のスマホ代金が異なる

毎月のスマホ代金が異なるのが格安SIMと携帯大手キャリアとの大きな違いです。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアは端末代金とデータ通信量が非常に高く設定されています。

  • 端末代金は分割して支払うケースが多く、安く見えても実際は高い
  • データ量が多くても少なくてもそれなりの料金を支払わなければならない
  • パケ放題プランを加えるとなると月額8,000円近くになる

こういったデメリットがありますが、格安SIMにすれば1万円近くかかっていたスマホ代金が2,000円程度で済むのです。

毎月5,000円の節約になれば1年間で6万円とかなりの金額になりますし、料金が下がっても大手キャリアの回線を借りているので使い勝手はほとんど変わりません。

  • 1ヵ月の電話のトータル時間が1時間以内と短い
  • 毎月消費するデータやパケットが少ない(スマホをあまり使わない)
  • スマートフォンとガラケー(電話専用)の2台持ちを考えている

上記に該当する方には大手キャリアよりも格安SIMの方が適しており、携帯電話番号をそのままで乗り換えられるMNPを利用できるので安心です。

現在では数多くのサービスがMVNOへと参入しており、当サイトでは関西電力グループのケイオプティコムから提供されているmineo(マイネオ)をご紹介しています。

2種類の回線と豊富な料金プランの中から選べるので、詳細はmineo(マイネオ)の公式サイトで確認してみてください。

2年縛りがあるかどうか

大手キャリアは2年毎に契約が更新されるのが特徴です。

2年縛りはユーザーにとって大きな障害となり、契約してから2年間以内に解約したり他社へと乗り換えたりすると1万円近くの違約金を支払わなければなりません。

  • 2年縛りは以前からユーザーからの不満が大きかった
  • 2年以内だけではなく更新月に乗り換えしないと違約金が発生した
  • この問題を解決するために25ヶ月目以降であれば違約金無しで乗り換えられるようになった

このように多少は2年縛りのデメリットが解消されたものの、プランによってはこのサービスを受けられないことがあります。

その点、格安SIMであれば2年間という長い期間に渡って契約に縛られずに済み、自由に解約したり乗り換えたりできるのがメリットです。

多くの格安SIMでは1年以内に解約した場合は最大で1万円の違約金が必要ですが、契約から13ヶ月目以降であれば金銭的な負担はありません。

上記でご紹介したmineo(マイネオ)のように、他社へとMNPしなければ契約から1ヶ月後でも違約金無しで解約できるサービスが登場しており、ユーザーの不満は解消されつつあります。

キャリアメールを使えるかどうか

携帯大手キャリアは、以下のようにキャリアメールを使えるのがメリットです。

  • docomo.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • i.softbank.jp
  • softbank.ne.jp

契約しているだけで仕事やプライベートでアドレスを使用でき、当然のように解約して格安SIMへと乗り換えれば使えなくなります。

「自分はLINEやSMSでやり取りするからキャリアメールは必要ない」という方は多いものの、携帯メールアドレスがなければ登録できないサービスも少なからずあるので注意が必要です。

格安SIMへと乗り換えた後もメールアドレスを使いたい場合、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスや格安スマホ業者から提供されているメルアドを利用しましょう。

話し放題プランが用意されているかどうか

話し放題プランが用意されているかどうかも、携帯大手キャリアと格安SIMの違いです。

大手三社のキャリアでは、どこも定額で通話し放題のプランが用意されています。

  • ドコモの「カケホーダイプラン」
  • auの「カケホプラン」
  • ソフトバンクの「スマ放題プラン」

どれも回数や時間に限りなく通話できるのが魅力的ですが、格安SIMでは取り入れられていません。

そもそも、電話がメインのサービスではなくデータ通信が基本的な使い方なので、「仕事やプライベートで電話をかける機会が多い」という方は格安SIMよりも携帯大手キャリアの方が良いのです。

格安SIMでもサービスによっては5分かけ放題サービスやIP電話との連携が行われており、通話したい方にピッタリのプランもあるので一度確認しておいてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.