中古端末を入手するには、どうしたらいい?

投稿日:

中古端末を買えば格安SIMを利用できる

格安SIMへと契約する際に、新たに端末を購入するとなると料金が割高になります。

この問題を解決してくれるのが中古端末で、安上がりで済ませられるのが大きなメリットです。

  • 別の方法でスマホの中古端末を購入する
  • 大手キャリアから格安SIMへと乗り換える

上記の2つで料金を抑えながら乗り換えることができ、既に実施している人は少なくありません。

通常のスマートフォンはSIMロックがかかっているため、どのカードを挿しても使えるようになるわけではないので注意が必要です。

  • ドコモのスマホ⇒ドコモのSIMカードかドコモ系の格安SIMだけ使える
  • auのスマホ⇒auのSIMカードかau系の格安SIMだけ使える
  • ソフトバンクのスマホ⇒ソフトバンクのSIMカードしか使えない

こういった特徴があり、店舗で購入したスマホの全てにSIMロックがかかっています。

しかし、2015年の5月から携帯電話やスマートフォンのSIMロックを解除する義務化が始まったので、会社が一致しない端末でもデータ通信や音声通話が利用できるようになりました。

スマホの中古端末を入手するにはどうすれば良いの?

新品のSIMフリースマホは高くて購入できないという方のために、以下では中古端末を入手する方法を紹介しています。

そもそも、中古端末を購入するに当たってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 一般的なSIMフリースマホと比較して安い料金で入手できる
  • 中古ということもあって多種多様な中から選ぶことができる
  • mineo(マイネオ)や楽天モバイルなど格安SIMと組み合わせて使える

新機種が発売されたタイミングが狙い目で、旧機種の料金は安くなります。

幾つかの入手方法があるので、中古端末が欲しい方は一度チェックしておいてください。

オンラインショップで購入する

オンラインショップでは様々な中古端末が販売されており、インターネットを使って購入するのは手っ取り早い方法です。

  1. 自分が欲しい機種を検索してオンラインショップごとに比較する
  2. ショップの中でも価格が安かったりコンディションが良かったりという中古端末を選ぶ
  3. 格安SIMと契約してSIMカードが届けられた後に差し替えるとスマホを使える

このような流れで格安SIMを利用でき、安い価格で取り扱っているショップを探すのは難しくありません。

しかし、実際の端末をその目で確認してから購入できないデメリットがあり、サイトの説明通りの状態ではない可能性があります。

余程のことがなければ中古端末の返品は難しく、購入後のトラブルのリスクがあると心得ておきましょう。

店頭で購入する

「オンラインショップでは細かい傷のチェックができないから不安」という方には、店頭での購入が適しています。

中古端末を取り扱う店舗の中でもイオシスが有名で、東京の秋葉原や大阪の日本橋を中心に全国7店舗に渡って展開しているのが特徴です。

  • 創業20年以上を誇っていて安さと品揃えに自信がある
  • 年間販売台数は12万台以上と確かな実績を持っている
  • 業界でもトップクラスの6ヶ月間保証を実施している
  • 中古のスマートフォンは1台ずつ丁寧にクリーニングしている
  • 商品の不良や故障などアフターサービスが充実している

イオシスには上記のメリットがあり、安さだけではなく安心感も同時に得たい方は実店舗へと足を運んでみてください。

オークションサイトで購入する

ヤフオクやメルカリなど、オークションサイトでもスマホの中古端末を入手できます。

ヤフオクでは日本中の個人やショップが参加していて、中古端末を購入する方法の一つとなりました。

他の方法とは違ってどんな魅力があるのか幾つか見ていきましょう。

  • 出品者によってはオンラインショップや実店舗など、どこよりも安い価格で購入できる
  • SIMフリー端末や海外向け端末を含めて多種多様な中古端末から比較して選べる
  • 新製品の未開封品も多く、探していると思わぬ掘り出し物が見つかる

店頭ではあり得ない価格で購入でき、便利なオークションサイトの利用者は増えています。

しかし、バッテリーがへたっていて使い物にならない中古端末を掴まされるリスクがありますし、悪質な出品者からの詐欺の被害に遭う可能性もゼロではありません。

スマホを出品するに当たってIMEI(国際移動体装置識別番号)を明示するのが一般的なので、ネットワーク利用制限のステータスを確認してから購入すべきです。

友人や知人からタダで貰う

友人や知人から機種変更で使わなくなった端末を貰うのは、どの方法の中でも安上がりで済みます。

タダでくれる人がいればご飯を1回ご馳走するだけと条件をつける人はいますが、コスト面で比較すれば圧倒的に有利です。

ただし、以下のデメリットがあるので注意しなければなりません。

  • 貰い物なので自分が使いたい機種ではないケースが多い
  • タダで貰った時は突然返して欲しいと言われることがある
  • バッテリーがへたっていると直ぐにバッテリー切れになる

コストがかからない代わりに良くない部分もあり、どれが自分に合っているのか比較してみましょう。

今月のお勧めキャンペーン

-コラム

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.