SIMカードって何?大きさの違いって?

投稿日:

SIMカードとは何のこと?

スマートフォンを説明するに当たり、しばしばSIMカードという言葉が出てきます。

初めて聞いた方からすれば「何ぞや?」って話ですね。

このSIMカードとは全てのスマホの中に共通して入っている小さなカードのことを指し、どんな役割を果たしているのか見ていきましょう。

  • スマートフォンや携帯電話を使って通信する際に必要となる存在
  • それぞれ固有のID番号が割り振られていて誰のものなのか特定できる
  • 契約している料金プランなどの情報が入っている

SIMカードはスマホの身分証明書とも言うべき存在で、このお陰で私たちは通話や通信のサービスを利用できます。

お持ちのスマホからSIMカードを抜き取ると「SIMが挿入されていません」と警告が表示され、通話や通信などの主要なサービスは使えません。

SIMカードの大きさによる違いは?

一口にSIMカードと言っても、大きさによって3種類に分けられます。

形状は利用端末によって異なり、SIMフリー端末を購入して格安SIMと契約する予定であれば事前に確認しなければなりません。

サイズの大きさでどんな違いがあるのか以下ではまとめてみました。

標準SIM

  • 大きさは縦25㎜×横15㎜
  • ガラケーやiPhone 3Gなど初期の携帯電話で使用されてきた
  • Xperia PLAY SO-01DやPlayStation Vitaで利用されている

micro SIM(マイクロSIM)・miniSIM(ミニSIM)

  • 大きさは縦15㎜×横12㎜
  • 数年前のAndroid端末まで主流に使われてきた
  • iPhone4SやXperia A SO-04Eで利用されている

nano SIM(ナノSIM)

  • 大きさは縦12.3㎜×横8.8㎜
  • ドコモでは2015年以降から採用されていて今後も増えていくと予想される
  • iPhone5やiPad miniで利用されている

2017年の現在では最新機種で標準SIMは採用されておらず、基本的にはmicroSIMとnanoSIMの2種類です。

サイズは標準規格化されているため、どこの会社で購入したとしても形状に変わりはありません。

SIMカードサイズの選び方は?

現在では格安SIMが主流となっていて、平成27年度での契約数では既に1,000万件を超えていることが分かりました。

  • 利用エリアや繋がりやすさに関してはドコモやauなどの大手キャリアと一緒
  • MNPをすれば電話番号はそのままで乗り換えられる
  • 豊富な料金プランの中から選択でき、圧倒的に料金が安くなる
  • パケットが余ってしまっても翌月へと持ち越したり家族で分け合ったりできる

上記のように様々な魅力があり、契約者は今後も増えていくのではないかと予想されています。

しかし、SIMカードサイズには選び方があるので注意が必要です。

  • iPhone 4SはマイクロSIM
  • iPhone 5以降はナノSIM

このように同じiPhoneでも発売された時期によって採用されているSIMカードには違いがあり、これから格安SIMへと乗り換えるに当たって「種類を間違えて使えなかった」という事態が起こらないようにしなければなりません。

格安SIMと契約するだけではなく、新たに端末をセットで購入する場合に関しては特に気にしなくても大丈夫です。

一方で、今までの端末を使って格安SIMの料金プランと契約する予定であれば、まずは自分が使っている機種のSIMカードのサイズが何なのか知ることから始めましょう。

マイクロSIMに対応している機種を使っているユーザーは同じマイクロSIMを格安SIMで購入し、自宅へと差し替えるだけでデータ通信や通話を中心とする機能が使えるようになります。

また、本体の裏面の蓋を外して挿し込むタイプやSIMトレーの中に載せるタイプなど端末によって異なり、初めて格安SIMを利用する場合は迷わないように確認しておいてください。

間違えてSIMカードを買ってしまったらどうする?

  • 自分の端末の確認を怠っていて間違えてSIMカードを買ってしまった
  • スマホを買い替えたからサイズが合わなくて使えなくなってしまった

こういったトラブルが起きた時はそのままではスマホとしての機能を果たさないため、契約先でサイズ変更を申し込みます。

契約している格安SIMの会社へとサイズ変更を依頼する形となり、手数料は2,000円なので莫大な費用を支払う必要はありません。

SIMアダプターで小さなサイズのナノSIMをマイクロSIMへと一回り大きくできますが、壊れて使えなくなる危険性もあるので自己責任です。

マイクロSIMからナノSIMへと小さくするSIMカッターも分解や改造に当たり、禁止されているので契約先の会社へと問い合わせるのが無難な方法なのではないでしょうか。

mineo(マイネオ)では2,160円で再発行ができ、「端末の割賦契約」「ご利用期間」「データ残容量」「各種端末保証サービス」などの利用状況は引き継がれます。

マイページから簡単に再発行の手続きを依頼できるので、mineo(マイネオ)の公式サイトでチェックしておいてください。

今月のお勧めキャンペーン

-よくある質問

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.