テザリングって分かりやすく説明すると何?格安SIMや格安スマホでもできる?

投稿日:

テザリングとは分かりやすく説明すると、スマホをアクセスポイント(親機)としてパソコンやゲーム機などをインターネットに接続する機能を指します。

ノートパソコンを持ち歩いていても、そのままではインターネットと接続することはできません。

しかし、テザリングを使うことにより、スマホが繋がるエリアであれば公園やカフェなど外出先でもネットに繋いで楽しめるのです。

  • 普段から持っているスマホが1台あればOK
  • モバイルWi-Fiルーターと契約する必要性がないので節約に繋がる
  • わざわざモバイルWi-Fiルーターを持ち歩かなくても良い
  • 圏外でなければ場所を問わずに使用できる

このようなメリットがあり、「スマホ+モバイルWi-Fiルーターの料金」がスマホの月額料金だけで済むので活用している方はたくさんいます。

テザリングにはどんな種類がある?違いは?

テザリングと一口に言っても幾つかの種類に分けられ、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

  • Wi-Fiテザリング⇒最もオーソドックスな接続方法で、スマホを使って電波を飛ばしてノートパソコンやタブレットに繋ぐ
  • USBテザリング⇒スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐ方法で、通信速度が最も速いのがメリット
  • Bluetoothテザリング⇒Bluetoothで接続する方法で、通信できる距離が短くなる代わりに電池持ちが良くなる

テザリングに対応したスマホをお持ちの方であればWi-Fiテザリングを利用でき、ドコモオンラインショップなどでUSBケーブルを購入してUSBテザリングを行えばスマホを同時に充電できます。

大手キャリアの場合、ドコモはspモードへの加入、auとソフトバンクはテザリングオプションの申し込みが必須です。

格安SIMや格安スマホでもテザリングはできるの?

  • テザリングの機能は大手キャリアでしか使えないの?
  • 格安SIMや格安スマホでもテザリングはできるの?

このような疑問を抱えている方は多く、テザリングを一番に重要視している方にとって格安SIMや格安スマホで使えなければ乗り換えるメリットはありません。

結論から言うとMVNOから提供されている格安SIMでもテザリングは可能で、対応機種であれば外出先でノートパソコンやタブレットを自由に使えます。

ほとんどの格安スマホがテザリングのサービスに対応しており、別途で料金を支払う必要がないのでインターネット共有機能を使いたい方にもピッタリです。

しかし、全ての端末や機種で可能なわけではないので、条件について詳しく見ていきましょう。

ドコモ系の格安SIMを使う場合

ドコモ系の格安SIMを使うに当たり、端末によって以下のようにできるできないが異なります。

  • SIMフリーのスマホ⇒「設定アプリ」⇒「通知バー」⇒「テザリングのON/OFF」で設定ができる
  • ドコモで契約していた端末⇒SIMカードを格安SIMへと差し替えると使えなくなる

ドコモの白ロム(回線契約が無い状態の端末)はキャリア契約ではテザリングが使用可能でも、格安SIMへと差し替えると専用のAPN(接続先)へと切り替えられるので対応不可となるのです。

「ドコモとドコモ系の格安スマホは回線が同系統だから全ての機能が使える」というわけではないので注意しなければなりません。

これはSIMロック解除がされていても一緒で、ドコモのAndroidの中古端末ではテザリングができないと心得ておくべきです。

au系の格安SIMを使う場合

ドコモ系と比べると少ないものの、以下の格安SIMはauの回線を使ったMVNOとなっています。

  • ケイオプティコム社のmineo(マイネオ)
  • UQコミュニケーションズのUQ mobile
  • 株式会社インターネットイニシアティブのIIJmio

これらのau系格安SIM×au端末と、au系格安SIM×ドコモの端末であればテザリングは可能です。

例えば今まで使っていたAndroid端末のスマートフォンにmineo(マイネオ)のSIMカードを挿すことにより、テザリングの機能が使えるようになります。

ただし、iPhoneはauの端末でもSIMフリー版でも利用できないので少々ややこしく、SIMフリーのAndroidもau回線の周波数帯に対応していない端末も中にはあるので対応周波数(バンド)をチェックしておかなければなりません。

Android端末であればテザリングが使えるので、格安SIMの選び方で迷っている方はmineo(マイネオ)を選んでみてください。

格安スマホの通信速度でもテザリングは使えるの?

「大手キャリアではなく格安スマホの通信速度でもテザリングは使えるの?」と疑問を抱えている方は多いでしょう。

確かに、テザリングでインターネットと接続することができても、通信の際にスマホを経由する形となるので通信速度は低下します。

  • 一般的な実測通信速度は3Mbps~5Mbps
  • ランチタイムなど混雑時は200kbps~1Mbps

格安スマホはこのようにスピードが遅く、テザリングによる劣化を考慮すると大手キャリアと同じようにはいきません。

しかし、ユーザーの利用が集中する時間帯以外であれば不便だと感じることは少ないですし、Webサイトの閲覧やYouTubeの視聴などの目的であれば楽しめるので安心してください。

今月のお勧めキャンペーン

-コラム

Copyright© 格安スマホ研究所 , 2019 AllRights Reserved.